関連コンテンツ

18 Comments

There are no comments yet.

踊り猫(二回目)  

2018-11-18 13:21

年下の姉さま♪
同じく 有難うございます。
Y でござんしたか~^_^

EDIT  REPLY    

ペパーミント2回目  

2018-11-18 13:08

年下の姉さま、たしかそんな名前でしたね
ありがとうございます、すっきり~

EDIT  REPLY    

JOY  

2018-11-18 00:03

アィーン ペッ!  二度としません三度します

EDIT  REPLY    

(=・ัω・ั=)⁴¹¹  

2018-11-17 23:56

そうかー、しろちゃん達がすぐそばに居てくれたらこれからの季節憂鬱じゃないんだけどなあ。もうここ数年冬季うつだよ😅

EDIT  REPLY    

朔太郎と豆兄弟  

2018-11-17 23:53

太豆

EDIT  REPLY    

年下の姉  

2018-11-17 22:48

まどり? Y の伸びた豆打ち道具

EDIT  REPLY    

ミモザまつり  

2018-11-17 22:46

ああ又冬がやって来るね~
しろさんはほっこりと時を過ごして行くんだろうな🌼🌼🌼
くろちゃんのしっぽピーーンは元気の証e-282

そのまんま豆叩き棒?

EDIT  REPLY    

踊り猫  

2018-11-17 19:44

そうそう、Ψ のようなものでしたね~♪

EDIT  REPLY    

あっぷりけ  

2018-11-17 19:37

猫大豆(╹◡╹)♡

EDIT  REPLY    

ペパーミント  

2018-11-17 19:34

豆殻燃やしたらパチパチいい音で燃えそうね
小学生時代お風呂を沸かす手伝いをしてました(五右衛門風呂!今では死語)
コツがあるけどけっこう面白かった~

豆打ちする何とかいう木の枝があったな~名前が思い出せません

EDIT  REPLY    

-  

2018-11-17 19:33

大豆一味

EDIT  REPLY    
草の者 華の章

みりん  

2018-11-17 19:30

「今年も、大豆が民の口に入る前に、さらに美味しゅうなるよう気を込める儀式をせねばな」
「わしは、こちらに気を込めよう。大殿はそちらを」
「うむ、頼もしいのう、若君」
「みりんは、軽減税率が適用されぬそうじゃな」
「年貢は安くならぬぞ、みりん」
大殿様。

EDIT  REPLY    

ビスケット  

2018-11-17 18:03

わぁ~大変なお仕事だね
シロたん、くろちゃんは働き者だ

EDIT  REPLY    

ほたるちゃん  

2018-11-17 17:34

干した後は棒で叩く・・合ってる?

くろちゃん、しっぽくるんと巻き付けるのか

EDIT  REPLY    

たんぽぽ  

2018-11-17 17:14

(=`ω´=)
大豆だ べ♪

EDIT  REPLY    

まっシロ  

2018-11-17 17:09

かご猫の里 風物詩 ( ´ ▽ ` )

EDIT  REPLY    

元祖ななし  

2018-11-17 16:35

鳥さんに食べられないように見張るのだ

EDIT  REPLY    
美味しいきな粉も出来るね♪

ねこ親父  

2018-11-17 16:34

かご猫の里では、お味噌も自家製なのかなぁ〜

EDIT  REPLY    

Leave a reply